絹の舞

足柄刺繍 上田菊明作品集 絹の舞

足柄刺繍として25年に亘る制作活動の中から代表作40点を収録した初作品集

A4・48ページ(40作品収録)
価格:2,160円(税込)送料:160円

小田原市内では、平井書店、伊勢治書店で販売中

絹の舞 ご注文
上田きくあき氏写真

足柄刺繍 上田菊明 1

糸は生き物。息してるんですよ。 だから糸と会話しながら作品ができていくんです。

 誰かに頼まれたわけでも、ましてかるわけでもない。それでも気の遠くなるような時間をかけて、作り続けてきた。と聞くと、どれだけ厳しい人かと想像するが、足柄刺繍作家 上田菊明さんは温和な笑顔でいつも優しく迎えてくれる。苦境に耐えてきた人間の怖さを感じさせない。しかし話し始めるといつも、その言葉は強く自信に満ちていた。

━ 子供のころはどのような時代でしたか?
 子供のころは親がを家業にしていたもんで、5歳か6歳ごろから集配の仕事はしていました。世の中はちょうど日中戦争が始まって、兵隊さんが出て行き、南京陥落で旗行列とかそのような時代でしたね。それでも刺繍の仕事は外国に輸出するためにあったようです。
━ 当時の刺繍産業は分業化されていたそうですが?
 そうです。刺繍自体が当時この辺では栄えた産業で、二千人も三千人も従事していたんですけど、問屋さんは小田原にも5、6軒ありまして、糸を染める人とか絵型を彫る人とか集配する人とかそういう人を雇って、また刺繍する人は工場があって、そこに人を集めて仕事をさせたり、農村の副業とか漁村の副業として仕事を出してたわけです。
━ 明治の頃の刺繍は?
 親に聞いた話ですけどね、昔は大和土産といって横浜の港で着物の背中に刺繍を付けて、初めは売ってたそうです。それが凄くもてはやされて売れ行きがよかったので、馬車道あたりにスーベニアというお店ができまして、そういうところに並べて随分売れたそうで、それがだんだん発展していって輸出になったようです。

ページのトップへ


煽プロジェクトにご賛同のうえ、地域の未来を見据えご協賛いただいたみなさま(敬称略)

[印刷協力] 文化堂印刷(株) [翻訳協力]Kidsman English / 駒裕司、Shane Pole

[小田原市] (株)籠清 /(有)平井書店 /(有)高橋建築 / izumiジュエリー シマノ / cut salon e-hair / 空間実験工房FACTORY [南足柄市](有)ピクセラ工房 [開成町]お魚食房わはな座 [真鶴町] ジャンクスネット [二宮町]小嶋歯科医院 ホワイトエッセンス二宮店 [横浜市](株)メディケアー